FC2ブログ
09/21/2015
"wedding song for tkt, ppy"

人に紛れていて忘れていた数々の景色と僕らの声
再会の場所で 目を回らせるほど思い出して
大人しくなってそれでもなお 思い抱きかかえて歩いてきた
再会の場所を 目を回らせるほど賑わせて
新しい日々に 始まりの歌を

冗談ばかりを並べようとも 変わりゆく日常を語ろうとも
いま大丈夫なら何でもいいような気がした
これからの景色は それほどに代わり映えないのだろうか
そんなことは思い巡らせていてもよくわからないと諦めた

憂いも 悲劇も 煩わしい事柄も
どこまでも向き合う意味を探し出して

ここに立つ それがどうしてもひどく難しいな
願いだけ 言葉にしたなら届けてほしい
花束 どこか向こうへ放られた 辺りははどこか急いで騒ぎたてた
なぜだかそれがどこか可笑しくて ぼんやりとそれを素敵と思った

疲れ果てようと 打ちひしがれようと
どこまでも二人を 僕らを繋ぎ留めて

ここに立つ それがどうしてもひどく難しいんだ
願いだけ その願いだけは届けてほしい
貴方はどこか向こうへ駆け出した 姿はすでに遠く霞んだような
なぜだかそれが可笑しく思えた ぼんやりとそれを素敵と思ったんだ




スポンサーサイト